子供がいたら離婚するのはよくないのか

結婚して幸せな家庭を築くはずが、いつの間にか夫婦はすれ違うようになったり、相手の裏切りによって関係継続が難しくなることがあります。その時に誰もが考えるのが離婚ですが、子供がいることで離婚を思いとどまる人は多いでしょう。

子供のことを考えたら、夫婦関係は破綻してしまっていても、子供のためにまだ離婚するのはやめようと思うのはある意味正解かもしれません。でも、子供の立場で考えてみたら、また違った光景が見えてきます

両親がいがみ合って口も聞かないのに、離婚しないのは子供のせいにさせられたら子供自身はたまったものではありません。そんな夫婦の間で生活するのは子供も大変です。父と母どちらに気を遣えばいいのか、どうすればいいのか悩むことになるでしょう。

では、離婚すればいいかというと、離婚は離婚で子供にまた傷を残します。夫婦関係が破綻してしまえば、どのような形であっても子供には影響が残ります。その影響を少しでも減らすという考え方のもとであれば、まず両親がともに健全な精神でいられる環境を選ぶべきでしょう。

夫婦ともに生活することで精神上よくなければ、その影響は子供に強く影響します。いがみ合う夫婦の下で育った子供が、結婚に夢を持つことはなくなるでしょう。生活を別にしても精神的に落ち着きを取り戻していれば、別々に子供と接することになったとしても、子供への悪い影響は残りにくくなるでしょう。

子供のために離婚しないという選択肢は、一見すると子供のことを考えているようですが、子供の立場からすると離婚しない理由を自分のせいにさせられているようなものなのです。離婚を考えるようになってしまったら、子供への影響はさけられないので、その影響ができるだけ少ない方法を選ぶしかないのではないでしょうか。

離婚の仕方と種類、協議離婚、調停離婚、裁判離婚

離婚を考えて結婚する人はいませんが、結婚生活がうまくいかないと離婚を考えなくてはいけなくなる場合は出てきます。

離婚は簡単にはいかないことが多いですが、離婚を考えるなら、どのような方法の離婚があるかは知っておかないといけません。
離婚の種類

協議離婚
夫婦の話し合いで合意して離婚する方法です。スピードの早さや手続きの簡易さから最も多くのカップルがこの離婚方法を選択します。

調停離婚
協議しても夫婦間で合意できなかった場合に行う方法です。家庭裁判所を利用することになるので時間や費用がかかり、夫婦どちらにとっても重い負担になります。

裁判離婚
協議離婚、調停離婚をしても合意が得られなかった場合に、夫婦の一方から裁判によって離婚請求する方法でもっとも時間と費用がかかります。ここまでもめるのはお互いにメリットがないので、多くのカップルは裁判して離婚する前に離婚で合意します。

離婚は、法律に基づいて行われます。夫婦間の問題なので様々な感情が入り乱れることは仕方がありませんが、お互いの感情をむき出しにして争っても何一つ良いことはないので、二人ともが冷静な判断をすることが極めて重要といえるでしょう。

高収入男性が結婚しやすくなる理由

前回高収入女性が結婚できない理由を説明したので、次は高収入男性が結婚しやすくなる理由を説明します。

説明しなくても高収入だから結婚しやすいなんて誰でもわかりそうなものですが、理由を一つ一つ考えるとまた違った側面が見えてきます。

高収入男性は、ある程度の収入に余裕があるのでパートナーに対して収入条件をあまり要求しない傾向があります。男性も上昇志向が強いから高収入になるのですが、女性のようにパートナーに対して同じ条件を求めないことが多いのです。そうなると結婚相手としてほぼすべての女性を対象にできるので、まず相手選びの上でとても有利になります。

女性も相手男性には、若さを求める傾向がありますが、男性ほどにその傾向が強くありません。収入が安定していたり、性格面でカバーできれば、年齢というハードルは男性が女性に対して求める年齢よりも低くなります。そのため、男性は高収入の条件を満たせれば、年齢が中高年になっても結婚できる限界を超えていなければ相手を探すことができるので、多少時間がかかってしまっても収入を上げることが結婚しやすくなる条件になるのです。

女性が自分の収入以下の男性と結婚したくないことと同じように、男性は自分の年齢よりも上の年齢の女性とはあまり結婚を望まない傾向があります。男性の中にも年が上の女性と結婚する人もいますが少数派です。

高収入男性は、選べるパートナーの幅が広がることで結婚しやすくなることがこの説明でわかるかと思いますが、これは「男性は収入がなければ結婚することはできない」ということの裏返しでもあります。男が結婚したいと思ったら、まずは仕事を頑張って頑張るだけでなく成果として確実な結果を残さなければいけないということになるのです。

高収入女性が結婚できない理由

バリバリ稼いでいる女性は素晴らしいと思いますが、結婚を考えた場合、それはよいこととは言えないのかもしれません。

様々なところで、高収入の女性の未婚率が高いことが取り上げられていますが、これはある意味必然の結果そうなっているといってもいいでしょう。

高収入の女性は、上昇志向が強くその結果高収入になっているとも言えますが、この上昇志向は男性パートナーに対しての条件にも当てはまります。

成功している女性は、結婚するなら相手の年収は自分より上がいいという人も多いのですが、その場合、高収入男性という層そのものがまずあまり多くはないので、少ない相手の中から自分と合う相手を探さないといけなくなります。これだけでも、結婚相手が見つかりにくくなる条件と言えます。

さらに、男性は女性に若さを求める傾向がありますが、高収入女性はそれまでの素晴らしいキャリアを築くまでに時間が経過してしまっていることが多く、この男性が相手に求める若さという点で若い女性に比べて不利な条件になってしまう場合があるのです。高収入の女性が相手として探していることが多い「すでに高収入を稼いでいる男性」は、パートナーの女性に収入条件を求めないことも多く、高収入であるという点は婚活の時に有利にならないこともあります。

人生において必ずしも結婚することが幸せであるとは限らないので、一人で人生を謳歌できるだけの収入を得られる女性は、結婚後に家事育児を強いてくるような男と結婚するよりも一人の人生を楽しんだほうが正解とも言えます。

ただ「結婚」という点についてだけで考えた場合には、女性は自分のキャリアを優先すると結婚できなくなる可能性が飛躍的に高まるという現実は覚えておかないと、仕事が落ち着きやっと婚活を考えられるようになった時に「こんなはずではなかった・・」と後悔することになってしまうかもしれません。

独身30代女性と付き合うということは結婚するということ

男女の付き合いはいつになっても楽しいものですが、思う存分に駆け引きを楽しめるのは20代までです。

30代になってくると男女の付き合いの関係は少し変わってきます。特に、独身30代女性と付き合うことは、それ自体が結婚を意識したものでないとあとあと問題になる場合があるので注意しましょう。

多くの女性は付き合うときに結婚を意識していますが、20代と30代ではその意識の差に雲泥の差があります。20代であれば、まだ相手探しを楽しむ余裕があっても、30代となるとそうはいきません。時間は残酷にも過ぎていくので、一時も無駄にはできなくなるのです。

30代女性と付き合い、うまくいかず別れるという場合は当然ありますが、まず付き合うことに慎重になる必要があります。なぜなら、切羽詰まった人は何をするかわからないことがあるからです。男女のいざこざは最悪命のとりあいになってしまうことがあります。よくある悲惨なニュースは他人事なんていってられなくなるのです。

男性も当然付き合うときに結婚を意識している人はいますが、男性の場合には女性ほど切迫している意識が少ないことが多く、相手の気持ちを図らずに若いころの感覚で別れを切り出してしまうこともあるかもしれませんが、恨みを残さないように十分に気をつけないといけません

結婚したい女性が求める男性の年収

結婚を考える女性が一家の大黒柱である男性に求める年収は、最近は平均400万円くらいと言われています。日本人の平均年収がそのくらいであることを考えると、平均値をクリアしていれば結婚できそうな時代になってきています。

年代別の平均年収ランキングを見ると、男性が年収400万円を超えるのは27歳以上になっているので、結婚適齢期の男性像と合わせてみても、平均をクリアできていれば男性は結婚することができそうです。

しかし、これは平均から落ちてしまうと男性は結婚が難しくなってくることを意味しています。派遣社員であったり、非正規労働では、平均年収を下回ることが多くなるので、男性が結婚するためには、やはり正社員という平均的なハードルを越えないといけないようです。

30代を超えると男性の平均年収も上昇傾向がみられるので、男性は年齢が上がったほうが結婚しやすいという見方もできます。男性は結婚する相手の女性に年収の条件を求めない傾向が強いので、女性の場合、年齢と共に上昇する年収は結婚においてはあまりメリットにはなりません。逆に女性は年齢が上がると結婚相手探しが難しくなっていくので、キャリアアップに努めるよりも早めに婚活をしたほうが結婚相手探しは成功しやすいでしょう。

結婚はギャンブルなのか?人生そのものが冒険である

結婚することはギャンブルのようなものという人がいます。ギャンブルとは、賭事、博打(ばくち)、勝負事のことですが、結婚に関してのギャンブルの意味は、うまくいくかどうかわからない危険性のあることへの挑戦といった意味合いが強いといえるでしょう。

結婚してみないとわからないことはたくさんあり、お互いの一生を左右する影響があるのが結婚といえるので、結婚はギャンブルといってもいいと思います。しかし、そもそも結婚だけでなく、人生そのものがギャンブルのような冒険であるといえるでしょう。

安定しているといわれる会社でさえ、いつ何があるかはわかりません。大会社に勤めるという選択をした人は、稼ぎはそこそこでも安全な選択肢に自分の人生を賭けていると言えるのです。そんな大会社でさえ、世界的なパンデミックの影響でどう転ぶかわからなくなってきています。安定、安全などというものは存在せず、すべてはたまたま運よくことが運んでいるのに過ぎないのです。

グローバル化の世界を夢見て航空会社へ就職した若者が、自分の仕事が数年後になくなる可能性を想像できていたのでしょうか。難しかったでしょう。独学でプログラムを学びフリーランスの道を選んだ人は、虐げられていたかもしれませんが、コロナ禍の中でもステイホームで安定した仕事を得ているかもしれません。

結婚というギャンブルもまた蓋を開けてみなければわからないものです。唯一言えることといえば、結婚がギャンブルであるならば、絶対に負けない方法として結婚を選択しないという道も残されているということです。